自動的に掃除

掃除用品はほうきとちりとりからロボット掃除機に進化

昔、掃除用品はぞうきん、ちりとり、ほうきというのが基本的なものでした。その後、登場したのが掃除機です。それまでは、ぞうきんで水拭きしないとほうきでは集めきれないような細かいゴミを取ることは出来ませんでしたが、掃除機の登場によって、かなり小さいゴミであっても吸い取ることが出来るようになりました。 更に掃除機は進化していき、現在は人間が操作をするのではなく、家の中のルート学習して自動で掃除を行うというロボット掃除機が使われるようになっています。 また、機械だけではなく、アナログな掃除用品も進化をしています。たとえば、水に濡らさなくてもゴミが絡むように作られた使い捨ての紙を使い、簡単に床を拭ける道具などが出てきています。

ロボット掃除機は更に進化する可能性が高い

では、今後の掃除用品はどうなっていくでしょうか。まず、現在の流れからすると、掃除機に関しては自動化が進んでいくでしょう。現在のロボット掃除機は段差をうまく越えることが出来ないので、たとえば、一階を掃除した後に階段を上がって二階を掃除しに行くということは不可能ですが、ロボット掃除機が進化をすれば、そういった機能も備わるようになるでしょう。 また、特定の場所を掃除するための専門的な掃除用品がいろいろと出てくる可能性があります。こういった掃除用品は、今までは風呂場やトイレなどの水回りのものが中心でしたが、最近、布団を掃除する専用の掃除機というのが人気を集めているので、このようなものが今後も出てくる可能性が高いです。